MPAとは

MPAは全員が中小企業診断士の研究会です。

ごあいさつ

MPAとは、Mission(使命感を持って)・Passion(情熱的に)・Action(行動する)の頭文字をとったもので、私たちの理念をそのまま名称にしております。

つまり私たちは、
「『中小零細企業を元気にする!』という強い使命感を持ったメンバーが、
中小零細企業とその社長、社員のために情熱を持って接し、
しっかりコミュニケーションを取りながら実際に行動する集団」です。

中小零細企業の真のパートナーとして、仕事の話だけでなく、
時には仕事以外のプライベートな悩みなど、何でも気軽に話ができる、
お客様から心から信頼していただける、そんな関係が私たちの理想の形だと考えています。

MPAの3つの特徴

 

1 メンバー全員、中小企業診断士(経営コンサルティングの国家資格)取得者

2 様々な分野のプロフェッショナルが在籍(各種専門資格も多数保持)

3 豊富な現場実績

1 メンバー全員、中小企業診断士(経営コンサルティングの国家資格)取得者

中小企業診断士は、経営コンサルティングの国家資格であり、
企業経営に必要な様々な知識を身に付けた経営の専門家です。

2 様々な分野のプロフェッショナルが在籍(各種専門資格を多数保持)

所属メンバーは皆、様々な業界で、実際に第一線で活躍しています。
経営・製造・営業・人事総務・財務経理・ITといった各職種の専門家や、
公的機関(主に商工団体)に在籍している中小企業支援のエキスパート、
経営コンサルタントとして独立しているメンバーなど、
多種多様な人材が在籍しています。

また、中小企業診断士以外にも様々な資格を取得しています(以下に主な資格を明記)。

弁護士、行政書士、特定社会保険労務士、MBA、証券アナリスト、ファイナンシャルプランナー、
認定事業再生士(CTP)、一級販売士、システムアナリスト、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、他多数

3 豊富な現場実績

所属メンバーは、普段から実際に、コンサルティングや研修・セミナー講師、執筆で活躍しています。
実際に独立してコンサルティング業を営んでいるものが多く、
各業種・職種の専門家として、あるいは経営全般について、実際の現場に行って実稼動のサポートを行っています。

また公的機関や各企業、大学や予備校などで、研修やセミナーの講師として活躍しているメンバーも多く、
中小企業の現場や目線に合わせた、わかりやすい、そして幅広いレパートリーを持っています。
更に執筆については、現場コンサルタント、および研修・セミナー講師が、各々様々な書籍や雑誌で執筆しております。
コンサルティング研修・セミナー執筆の実例はこちら)

s01-1

MPA-Banner07

MPA-Banner08

MPA-Banner09

ページ上部へ戻る