2018年11月定例会 シリーズ「俺の業界」二本立て:IT業界、税理士業界(創業支援)

11.19

2018年11月4日、MPA 11月定例会を開催しました。

今月のコンテンツはこちら!

  1. シリーズ「俺の業界」:IT業界(益野講師)
  2. シリーズ「俺の業界」:税理士業界(創業に関するお金の話)(吉井講師)
  • シリーズ「俺の業界」:IT業界(益野講師)

MPAの会員であり、IT業界に努める益野さんに講師として登壇いただきました。

まず、IT業界全体にかかわるお話をしていただきました。

最初はIT業界の全体像を特性毎に分類し、マッピングをしていただきました。

IT業界と一口に言っても、SI系、ハードウェア系、ソフトウェア系、WEBサービス系などなど様々な企業があり、メジャーな各社の属する位置や特性をご説明いただきました。

 

続いて、人材面・技術面のトレンドについて、調査データ等を用い、5年先・10年先に流行るものは何か?などをお話されていました。

 

さらに、ご自身の得意分野であるAIについて、現状の技術状況から、活用領域、今後の課題を語って頂きました。

現在のAIはいわゆる特化型AIと呼ばれる対応分野が絞られたものが多く、その活用方法も画像認識・音声認識・言語認識の3分野が主流であり、その活用には技術面・予算面・知識面での導入課題があるとのことです。

 

ここまでのお話を踏まえて、現在お勤めの企業が提供されているサービスをベースに、AIなどの新技術を駆使したソリューションのご紹介を頂きました。

主には、社内の事務処理やコールセンターの効率化を行うソリューションであり、一部のソフトについては、参加したメンバーからも特に関心が高く、内容に関する質問も複数出ていました。

 

  • シリーズ「俺の業界」:創業に関するお金の話(税理士業界)(吉井講師)

次のパートでは、現在税理士として独立されている吉井講師より主に、得意分野とされている創業時の資金調達や節税対策などについて、個人ワークを交えながら講義いただきました!

まず、創業時の資金調達にはどういった方法があるのか、その方法ごとのメリット・デメリットについて、データや実例を交えながらお話しいただきました。

 

続いて、日本政策金融公庫の創業融資について、その特徴と融資を受けるためのポイントに関し、具体的な資料を用いてご説明されていました!

必要書類や手続きの流れなどだけでなく、面談の際の回答ポイントまで分かりやすく説明いただきました。

 

次に、創業時の節税策について事例を用いながら、さまざまな観点からお話しいただきました。

 

最後に、個人事業主と法人における係る税金の違い(個人のままがいいのか、法人成したほうがいいのか)を、個人ワークを交えながら、講義されました。

参加メンバーは皆慣れない税金計算にあくせくしながらも、その税金の違いを改めて認識していました。

以上、今月の定例会は「俺の業界二本立て」で、その業界をよく知る講師陣から生の声を伺えた充実した会となりました!

 

次回12月は、「俺の業界(農業特集)」です。3名の豪華講師陣によるプレゼンを予定しています。こうご期待!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

s01-1

MPA-Banner07

MPA-Banner08

MPA-Banner09

ページ上部へ戻る