【シティーマーケティグ書評】地域マーケティング論 -地域経営の新地平-

04.16

タイトル  :地域マーケティング論-地域経営の新地平
発行年月日 : 2010/12  2011年日本地域学会学会賞
著者 :矢吹 雄平
出版社 : 有斐閣
ページ数 : 309ページ
AmazonURL:http://www.amazon.co.jp/dp/4641163693

ti1

(目次)

第Ⅰ部 本書の射程とマーケティング・アプローチの有効性
第1章 「地域経営」の定義・特性と本書の射程
第2章 既存研究の現状とマーケティング論的アプローチの有効性
第Ⅱ部 マーケティング・ネットワークの地域<基本>モデル
第3章 自治体マーケティングの位置づけ・転換・限界
第4章 マーケティング・ネットワークの地域<基本>モデル(中山間地モデル)
第5章 都市部モデルとNPOの支援組織のマーケティング
第Ⅲ部 マーケティング・ネットワークの構造と<包括>モデル
第6章 自治体の位置づけと<包括>モデル
第7章 <包括>モデルの構造(1)
第8章 <包括>モデルの構造(2)
第Ⅳ部 マーケティング・ネットワーク構築の手段と成果
第9章 地域通貨
第10章地域コミュニティ共同事業推進貯金
第11章手段および成果としての「地域ブランド
第Ⅴ部 <包括>モデルの可能性と地域経営の新地平
第12章<包括>モデルの理論的・現実的可能性
第13章地域経営の新地平

概要

  • 地域マーケティングを「地域における様々な主体による各々の“顧客”の満足に対する組織的適応等の集積・競争・連携等によって、最終的には当該地域全体の価値を挙げるという地域経営目標達成の方法を提示する、論理的な知識体系」と規定して、個人の自立を生み、地域を活性化する方法を議論している。
    希求すべき地域経営論は、マクロ視点「地域を経営する」、ミクロ視点「多種多様な個人がいかに組織的に活動するかを運営する」という両面が必要としている。
  • 著者は2013年に49歳という若さでお亡くなりになっている。ぜひお話してみたかったです。出版社か、嶋口先生の秘書だった阿曽さんに聞けば理由は聞けるのかな

 

(感銘を受けた点)

  • 地域マーケティングの主体・客体・活動内容について明確に規定している。研究者として当然であるが、実務家が無視してしまうところでもあるので、頭が整理できる。
  • 地域経営の特性を挙げ、その特性における問題点や課題を明確にしている。
  • 現代の地域(自治体)経営において、マーケティング・ネットワークの重要性を検討した上で、まその地域の組織における基本モデルを提示している。
  • 単純にネットワークを作るだけでなく、そのネットワーク支援のための資金面の手当ての検討も行っている(相当に空想的ですが)。

 

スライド04 スライド05 スライド06 スライド07 スライド08 スライド09 スライド10 スライド11 スライド12 スライド13 スライド14

 

本書における言葉の定義

  • ネットワーク

–相互作用関係に注目しながら捕らえられた2つ以上のリレーションシップの組ないしパターン。情報共有・調整(連携)・共創(連結)の3つのステップを持つ。

  • ネットワーカー

–各主体によるマーケティング間の情報共有・調整・共創などをコーディネートする主体を、ネットワーカーとする。

  • 自治体

–最終顧客である住民に直接接触する市町村

  • NPO

–認証か、非認証かを問わずに、主体性を持つ、非営利の市民活動団体、住民組織を総称している。

  • NPO支援組織

–自治体とNPOの間に介在して市民活動団体の支援を行う組織のこと。

–NPO関連以外の分野でNPO支援組織と類似した支援・媒介・とりまとめなどの公的機能を有するのを中間組織とする。具体的には、町内会連合会、自治会連合会、商工会議所・商工会、経済同友会、観光協会等。

  • 住民組織

–町内会、自治会、などの包括的組織を想定し、主体性の低い地縁型住民組織を指す。

 

シティ・マーケティングにつながる視点

  • 今までのシティプロモーションからシティマーケティングにつなげるためのインターナルマーケティングについて、その具体的な組織的な仕掛け、ヒントをもらうことが可能
  • マーケティングの主体や客体など、研究者らしい視点で議論が整理されているため、シティ・マーケティングでもその視点が必要なことが理解できる。
  • 少ない事例からモデル化しているため、著者の思い先行型の執筆も相当にあるが、該当事例自体の研究を行うヒントになる。
  • 最近話題の地域振興券につながる地域通貨の考え方によって、資金手当てについての具体化策も提示している。

 

中小企業診断士 山崎 泰嗣 (MPAメンバー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

s01-1

MPA-Banner07

MPA-Banner08

MPA-Banner09

ページ上部へ戻る