住んでいい町、ダメな町 自然災害大国・日本で暮らす

03.09

住んでいい町、ダメな町 自然災害大国・日本で暮らす
2015/1/14 大木 裕子 (著)

sum

阪神・淡路大震災から20年、この間さまざまな災害が日本を襲いました。
自然災害大国・日本で暮らすなら、住宅が建つその土地の性質を知ることが、安全確保の第一歩です。
東大地震研究所を経て、地球科学コミュニケータとして活動する著者が、地震だけではなく、
さまざまな自然災害に関する専門的な情報と知識をもとに、わかりやすく日本の“地”について解説します。
自分が住む土地の歴史を調べるための方法など、自然災害密集地帯である首都圏をモデルに、
住むための町をいかにして選ぶかをナビーゲートする、あなたを自然災害から遠ざけるための必携の1冊です。

地震・津波・火山噴火・土石流……
地球で起きた自然災害で亡くなった方の28.3%(※)が日本で被災という事実
※の数字は内閣府の「防災白書」、WHOのEM-DATに収録された2011年~2013年の数字から算出したものです。

住む家ではなく、それが建つ土地を知ることが第一歩
自然災害密集地帯・首都圏をモデルに日本の“地”を知る

「あの街に住みたいな」が落とし穴
首都圏を襲った歴史災害
絶対条件を満たす地盤に住みたい町を見つける
ここまで確認、台地の災害危険度
それでも「あの街」に住みたい人へ
首都圏はなぜ自然災害密集地帯なのか
「自然災害と生きる」ということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

s01-1

MPA-Banner07

MPA-Banner08

MPA-Banner09

ページ上部へ戻る