1月期定例会「確定申告の勘ドコロ」、「プロコンが語る独立診断士への道」セミナー他

01.14

2014年になり、初めての MPA 定例会が開催されました。

 

今月は「アイスブレイク・スピーチ第4弾」、「中活のススメ」、「確定申告の勘ドコロ」、「プロコンが語る、独立診断士への道!」、「 ノア・プロジェクト結果報告」と新年早々「これでもか!」の盛りだくさんな内容でした。

 

大好評のアイスブレイクは今回で4回目。佐々木会員と中島会員から発表いただきました。お互いの会話の中から、ウソの紹介を見破るコーナーでは、いかに本質をつかむ質問をするか、また、発言の声や表情などからウソを見破ることができるか、など、診断士として求められる力が試される瞬間でした。また他己紹介のコーナーでは、2人一組でお互いに今年の目標というテーマで質問を行い、質問した結果を更に他の人に紹介するという形で進行しました。活発に交流が行われ、顔見知り同士でも普段見えなかった一面が見えたりして、有意義な時間でした。どちらも、今後我々がアイスブレイクとして活用できる有効な内容だったと思います。

 

続いてのコーナーでは、MPAで執筆した電子書籍「中活のススメ」の執筆者を代表して、吉村会員からお話いただきました。就職活動の選択肢として中小企業で働くことの価値を伝える、思いの詰まった書籍です。全5冊で渾身の出来栄えとなっています。執筆者からの熱いコメントもいただきました。値段も手ごろですので、皆さん是非、購入して勉強しましょう。kindleのページはこちら

 

さて、今回のメインコンテンツは、MPAが誇る税理士チームを代表して、小林会員から「確定申告の勘ドコロ」のご紹介でした。確定申告のイロハから始まって、個人向け、法人・独立診断士向けのアドバイスや選択方法をご紹介いただきました。最後の質疑応答ではMPAメンバーの税務相談会的な場になりましたが、それぞれの今後の活動に役立つ、とても有意義な時間だったと思います。
photo2
続いて、MPAのプロコンを代表して秋島リーダーと山崎会員から「プロコンが語る、独立診断士への道!」と題したお話をいただきました。独立診断士としての心構えや日々の活動で気にすべきポイントを、実体験を交えながらご紹介いただきました。MPAは企業内で活動しながら将来の独立を考えている人、独立したばかりで日々苦労している人が多く、真剣にメモを取りながら話を聞いている姿が印象に残りました。
photo3

 

最後のコンテンツは、MPA定例会での恒例テーマになりつつあるノア・プロジェクトです。いよいよ結果報告となりました。今回は、プロレスに対して熱い想いを持ち、プロジェクトでも中心メンバーとして活躍された笹本さんより、プロジェクトで行った内容とその結果を報告いただきました。特に、Facebookの活用については、MPAメンバーの強みが発揮されて、短期間ながらも非常に効果の高い周知ができたのではないかと感じました。

 

新年一発目の定例会は、いつも以上に盛りだくさんの内容で、新しい年の幕開けにふさわしいMPAらしい会となりました。本年もMPAは熱く突っ走ります!

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

s01-1

MPA-Banner07

MPA-Banner08

MPA-Banner09

ページ上部へ戻る