MPA5月期定例会が開催されました!

05.14

夏を思わせるような暑さとなった5月12日(日)、品川区にてMPA定例会が開催されました。
5月期は「大木さんの地震講座」、「6月の女川春合宿スケジュール確認」、「新人会員の自己紹介」の3つのコンテンツを行いました。

①地震講座
2013-0512-140315282-1
ONETOPI地震キュレータである大木さんが、地震の発生する原理から津波の性質、地殻変動など幅広い内容を、専門的な知識をわかりやすくレクチャーしていただきました。地震の基本的な考え方やその種類、またこれから起こりうるリスクや防災のポイントまで… 地震大国に暮らす日本人として、必須の知識と感じました。

 

②女川春合宿について
2013-0514-000534319-1
いよいよ来月に迫った宮城県女川町への春合宿。幹事メンバーから道浦さん、山崎さんによるスケジュールの説明がありました。
過去最大規模となる30余名が参加予定の春合宿について、被災地において診断士として何ができるのかをインプットする有意義な合宿として、アウトプットにつなげていくことの大切さなどが共有されました。

 

③新人会員自己紹介
2013-0512-144843326-1
MPA恒例の自己紹介プレゼン。今月は新入会員17名が、1人あたり3分という限られた時間の中で自らの強みを活かした思い思いの自己紹介を行っていただきました。
勤務先でのキャリアや得意分野に関する真面目な話から、地元ネタや趣味・スポーツに関する話まで、全員が工夫をこらしたプレゼンでした。
MPAの多様性がますます高まっていくことが感じられた時間となりました。

定例会後の懇親会では、自己紹介のネタを肴にさらに盛り上がり親睦を深めることができました。

 

6月期のMPA活動は、前述のとおり宮城県の牡鹿半島に位置する女川町への合宿です。合宿幹事メンバーの皆さんの入念な準備で充実した活動となること間違いなしの春合宿。MPAメンバーによる被災地視察がどのような活動に発展していくのかにご期待ください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

s01-1

MPA-Banner07

MPA-Banner08

MPA-Banner09

ページ上部へ戻る