MPA3月期定例会は「中小企業のCRE」をはじめとした3つのコンテンツを開催!

03.03

3月3日、世間は雛祭りという小雨のぱらつく日曜日、3月期MPA定例会が開催されました。

今回のコンテンツは「中小企業のCRE」、「ワーク・ライフ・診断士バランス」、「中小企業に対する5S支援プロジェクトの進捗報告」という3本立ての構成。

「中小企業のCRE」では、外部より不動産鑑定士の先生をお招きして、CRE(Corporate Real Estate=企業不動産)について本格的な知識の補充が行われました。中小企業のCRE戦略や、東日本大震災後の被災地の不動産市場の現状や課題についてメンバーからも活発な質問、意見が飛び交いました。

2013-0303-135001500
江島会員による「ワーク・ライフ・診断士バランス」では、ワーク、ライフに加えて診断士として活動していくにあたり、いかに周囲の理解を得てバランスをとっていくか、が参加者の実体験を交えながら語られました。大切なのは「理解を得たいと思う相手を本当に理解しているか?」を今一度立ち止まって考えること。仕事とプライベートの両立に診断士を合わせた三方よしの活動を行っていく可能性を探りました。

394587_334062036713959_1116613495_n

山本会員による「中小企業の5S支援プロジェクト」の発表では、実際に支援に入っている中小企業の工場視察から効率化の提言に至るまでの進捗報告が行われました。この中で、当プロジェクトが今後さらに次の段階へと進んでいくこと、そして今後MPA内でさらにプロジェクトを増やしていくことが確認されました。

NCM_0050-1

 

最後に横山会員より、現在進行している執筆プロジェクトの経過報告が行われました。今回の定例会でも新たなメンバーの加入が決まり、今後、多様な人材によるMPAの活動がさらに発展していくことが期待される定例会となりました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

s01-1

MPA-Banner07

MPA-Banner08

MPA-Banner09

ページ上部へ戻る