「食品バイヤーに採用してもらう方法」、「ショービズの世界」セミナーを開催しました(MPA2月)

02.03

2013年2月3日(日)、MPA2月期定例会が開催されました。

今回は「百貨店食品バイヤーに商品を採用してもらう方法」と

「ショービズの世界について」の2つのセミナーが行われました。

 

岩崎真朗 会員による「百貨店食品バイヤーに商品を採用してもらう方法」では

食品業界の現状から、百貨店の販売チャネルや取引関係について

一般消費者に近い小売業者の目線で考えた講演が行われました。

参加した多くの会員が、自らの顧客様との今後の取組みに向けての必要な知識

などを再確認しました。

 

姫野智子 会員による「ショービズの世界について」では、

ライブエンターテインメントのしくみや興業が行われるまでの流れなどについて

豊富な経験をもとにした講演が行われました。

クラシックからオペラ、演劇や歌舞伎などの幅広いコンテンツについて

その魅力や、ビギナーにもおすすめな演目についても学ぶことができました。

 

 

また、本日は来年度に向けてMPA会員候補の診断士4名が参加しました。

MPAでは今後も、新たな多岐にわたるプロフェッショナルな診断士を迎え、

より一層の、多様なチカラを結集したコンサルタント集団として

活動をおこなっていきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

s01-1

MPA-Banner07

MPA-Banner08

MPA-Banner09

ページ上部へ戻る