ドメイン利用によるインターネット上の信頼向上

02.23

ドメイン利用によるインターネット上の信頼向上

1)インターネット上での信頼

 インターネットが一般的に使用されるようになって久しく、インターネット上には様々な情報提供者が存在しています。しかしながら、インターネット上ではウェブサイトやメールなどで提供される情報からしかその情報提供者を認識することができず、相手の顔がわからないことも珍しくはありません。
 一方、ビジネスの世界で企業に顧客や消費者から求められるものの一つに「信頼」があり、企業が正確で透明性のある情報を提供していくことは必須であると考えられます。インターネットを介して初めて接触する顧客や消費者から、不必要な不安を抱かれることのないように体裁を整えておくことは、信頼を与える最初のステップとなり、ここを超えられなければ顧客や消費者からの接触をほとんど期待できなくなってしまうでしょう。

2)サービス利用の盲点

 近年、ウェブメールに代表されるように、インターネット上の無料サービスや安価なサービスを利用することで様々なことができるようになってきています。個人事業や小規模企業では特に、情報インフラに対して金銭的にも人的にもリソースを割くことが難しいケースが多く、これらのサービスを複数契約し、目的に応じて使い分けたいことも多いと思います。
 ところが、これらのサービスを必要に応じて利用するようになっていくと、たとえば、メールはインターネット・サービス・プロバイダから提供されたアドレス、ウェブサイトはインターネット事業大手の無料Wikiサービス、ブログは知人から紹介された無料ブログ、というように、統一感のないものとなりがちです。
上のようなケースで、顧客や消費者がアクセスする窓口を例示すると、次表のようになります。
これらのサービスを利用していることが見えてしまうと、「誰でも無料で保有できる」ことが逆にどのような人物が使用しているかを想定しにくくし、信頼性を下げてしまいます。また、実態が一つの組織や一人の人間がこれらのサービスを利用していても、それが同一の情報提供者であるように見えないため、非効率でもあります。

3)独自ドメインと持ち込み

 ドメインとはインターネット上に存在するコンピューターやネットワークにつけられる識別子であり、インターネット上の住所のようなものと考えることができます。一般的には英数字をドットで区切った表記で、メールアドレスの@以降などに使われます。
 独自ドメインとは、ドメインの使用者が自由に決めたドメイン名のことで、世界に一つしかないものです。独自ドメインを割り当てるサービスは多数存在していますが、たいていは年間数千円程度で利用することができます。
独自ドメインを取得したら、それをすでに利用しているインターネット上のサービスで使用できるように設定することができます。(※利用しているサービスによります)これは一般的にドメインの持ち込みなどと呼ばれます。これにより、異なるサービスを使用していても顧客や消費者に対して統一的なアクセスの窓口を提供することができます。例示すると次表のようになります。また、図は利用中のサービスにドメインを使ってアクセスするイメージです。
 近年の傾向を見ると、メールサービスはあまりこの持ち込みに対応しておらず、独自ドメインをそのメールサービスの提供者から発行してもらうことによってのみ、利用可能とするものが多いようです。一方で、ブログおよびマイクロブログ(twitterなど)はかなりの割合でドメインの持ち込みに対応するようになってきていますし、ウェブサイトを置けるレンタルサーバでは、安価なサービスでも対応していることが標準的です。
 このことを鑑みると、すでに利用しているサービスを使い続けたまま独自ドメインを導入するには、利用しているメールサービスの提供者と契約して独自ドメインを発行し、そのドメインを他のサービスに持ち込むことを基本に考えるのが良いのではないでしょうか。ただし、ドメインの持ち込みに対応するサービスは日々増加する傾向にありますので、実際に利用を考えるときに調べる必要があるでしょう。

4)副次的効果

 インターネット上の顧客や消費者に対して信頼を向上させる以外にも、独自ドメインの利用には以下のような副次的なメリットもあります。
 ・アドレスが短い、印象的であるなどして、覚えてもらいやすい。
 ・サーバーの閉鎖や契約変更があっても、他のサーバーに同じアドレスで移動できる。
 ・信用性が高く評価され、検索で上位表示されやすい。
安価に導入ができ、効果が大きいため、費用対効果は高いでしょう。特に、個人事業や小規模企業で導入をしていない場合は、早めの検討をお勧めします。
以上

 

中小企業診断士 吉村慎一(mpaメンバー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

s01-1

MPA-Banner07

MPA-Banner08

MPA-Banner09

ページ上部へ戻る